女王蜂とお呼び? Lorde – Royals (洋楽で発音を学ぶ)

 

皆さんこんにちは。

 

今回は、洋楽から発音、しかも日本人の苦手な

 

L と R の発音

 

を見て聴いて練習できる曲を紹介します。

 

この L と R の発音、難しいですよね。

 

日本人にとっては鬼門

 

とも言えるのではないでしょうか。

 

聞いても違いがわからない!

 

と苦戦している人も結構いるでしょう。

 

そして、聞き取りができなければ当然、

 

自分で発音することもできない!

 

ですよね。

 

聞き取れるようになるには、やはり

 

何度も聞いて慣れる以外ないです。

 

今日はその目的にピッタリな曲をご紹介します。

 

ニュージーランドの歌い手

 

Lorde (ロード)

 

の世界的大ヒット曲

 

Royals

 

です。

 

当時17歳にして、グラミー賞2冠!

 

他にもビルボード1位など

 

いろんな記録を打ち立てています。

 

 

曲はシンプルで、楽器ほとんどドラムだけ ・・・ 

 

神秘的で独特な雰囲気。

 

なんかすごい個性的です。

 

曲だけでなく歌詞も

 

サビのとこなんか

 

Let me be your rulers 

 私にあなたを支配させて

 

You can call me queen bees  

 私のこと女王蜂って呼んでいいのよ

 

なんて。

 

17歳ですよ。なんちゅー感性でしょう。

 

いい。

 

ちなみに、queen bee には

 

「女王蜂のように支配的な女性」

 

という意味もあります。

 

ハマる人はハマりそうですね。

 

私は一度聴いてハマりました。

 

まずは曲をどうぞ。

 

 

 

 

どうでしょう。楽しめましたか?

 

このPVでは、ところどころ歌う彼女の顔が

 

アップになるので、口と舌の動きがよく見えます。

 

0:55あたりからのサビの部分

 

And we’ll never be royals (royals).

It don’t run in our blood,

That kind of luxe just ain’t for us.

We crave a different kind of buzz.

Let me be your ruler (ruler),

You can call me queen Bee

And baby I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule.

Let me live that fantasy.

 

R  と L がいっぱいです!

 

最初の方の royals は、R と L 両方入ってます。

 

次に5行目の ruler 

 

R, L, R と連続するので、音の違いがよく分かります。

 

次に rule 4連発 盛り上がって

 

サビの最後の行。

 

Let me live that fantasy

 

この最初のLet の発音のところ、次の画像ですが

 

 

舌が出てます。

 

日本の授業では L の発音って、

 

舌先を上の前歯の裏側に付ける

 

って習いませんでした?

 

彼女の場合、舌がはっきり出てますね。

 

他のLが入っている所も見ましたが、

 

やっぱり舌が出てる。

 

その方がLの発音がしやすいかも!

 

ちなみに、rule などの後ろにある L は、

 

これとは違って弱く消える感じのLなので、

 

舌は飛び出さないし、見えないですね。

 

Let me live that fantasy

 

の中では、live の口と舌の動きもよく見えますね。

 

次の写真です。

 

 

v で前歯を舌唇に当ててるのが分かります。

 

 

こんな感じで、歌を聴きながら

 

歌詞を目で追ってください。

 

下の方に歌詞の全文を載せます。

 

音を耳に慣らし、発音を練習する目的なら

 

日本語訳は気にせずに

 

声を真似して発音したり、歌ったりするといいですよ。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

Royals

I’ve never seen a diamond in the flesh

I cut my teeth on wedding rings in the movies

And I’m not proud of my address,

In a torn-up town, no postcode envy

But every song’s like gold teeth, grey goose, trippin’ in the bathroom

Blood stains, ball gowns, trashin’ the hotel room,

We don’t care, we’re driving Cadillacs in our dreams.

But everybody’s like Cristal, Maybach, diamonds on your timepiece.

Jet planes, islands, tigers on a gold leash.

We don’t care, we aren’t caught up in your love affair.

 

And we’ll never be royals (royals).

It don’t run in our blood,

That kind of luxe just ain’t for us.

We crave a different kind of buzz.

Let me be your ruler (ruler),

You can call me queen Bee

And baby I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule.

Let me live that fantasy.

 

My friends and I—we’ve cracked the code.

We count our dollars on the train to the party.

And everyone who knows us knows that we’re fine with this,

We didn’t come from money.

But every song’s like gold teeth, grey goose, trippin’ in the bathroom.

Blood stains, ball gowns, trashin’ the hotel room,

We don’t care, we’re driving Cadillacs in our dreams.

But everybody’s like Cristal, Maybach, diamonds on your timepiece.

Jet planes, islands, tigers on a gold leash

We don’t care, we aren’t caught up in your love affair

 

And we’ll never be royals (royals).

It don’t run in our blood

That kind of luxe just ain’t for us.

We crave a different kind of buzz.

Let me be your ruler (ruler),

You can call me queen Bee

And baby I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule.

Let me live that fantasy.

Ooh ooh oh

We’re bigger than we ever dreamed,

And I’m in love with being queen.

Ooh ooh oh

Life is great without a care

We aren’t caught up in your love affair.

And we’ll never be royals (royals).

It don’t run in our blood

That kind of luxe just ain’t for us.

We crave a different kind of buzz

Let me be your ruler (ruler),

You can call me queen Bee

And baby I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule, I’ll rule.

Let me live that fantasy.


作詞: Ella Marija La Yelich O’connor / Joel Little

Royals 歌詞 © EMI Music Publishing, Peermusic Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC, Songs Music Publishing

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年沖縄県宜野湾市生まれ フリーランス翻訳者・ライター・英語講師 米軍基地に就職するものの、自由を求めて退職。特許翻訳者となる。 地方に居ながら先端技術の特許を翻訳する一方、趣味のサーフィンのために海外に通う。オアフ島ノースショアで仕事をしながらの長期滞在も経験。特許翻訳歴は13年以上。 現在は「自分が独自開発した学習法を教えることで、英語を武器に自由な人生を送る人を増やしたい」という思いから、特許翻訳者としてだけではなく、英語講師として、英語で仕事ができる人材の育成を行っている。