オモシロ簡単な英語教本 ― 絵で見る英語(English Through Pictures)

 

みなさんこんにちは。

 

本日は、オモシロ簡単な英語教本、

 

English Through Pictures

 

をご紹介します。

 

突然ですが、あなたは英語が得意ですか? 苦手ですか?

 

ある調査によると、全国の20代~60代の男女1000人のうち、

 

約7割(69.6%)が、英語を苦手と回答したそうです。

 

一方で、

 

英語を得意と回答したのは、8.7%だそうです。

 

てことは、10人に1人もいない・・・

 

 

これって、

 

日本の英語教育は、ほとんど役に立っていない

 

ということを証明していますよね。

 

英語教育だけでなく、英語の学習教材や、

 

英会話教室も含めて、あまり上手くいってない。

 

だって、

 

社会人10人のうち、英語得意な人は1人にも満たないってことですから。

 

 

何でそうなっちゃうんでしょうか。

 

原因はいろいろでしょうけど・・・

 

やっぱり考えられるのは

 

学校の英語の授業が難しいから

 

じゃないでしょうか。

 

特に、

 

学校の英文法って、難しすぎる!

 

そう思いませんか? 

 

英語の会話ってもっとシンプルなはずなのに、

 

読み書きを優先して教えて、

 

しかも文法も複雑なものまで覚えさせようとして、

 

できない人には、あなたの努力が足りない、となる。

 

なんか納得行きませんよね・・・

 

教え方や、教えることには、問題ないの?

 

って思っちゃいます。

 

文法のせいで英語が嫌いになるなんて、本当にもったいないです。

 

 

絵で見る英語(English Through Pictures)は、そんな方にもお勧めできる

 

英語が面白く簡単に学べる本です。

 

なぜオススメかというと、文法の説明がないからです。

 

それどころか、日本語の説明自体、一切ありません。

 

英語しか書かれてないのです。例えばこんな感じ。

 

 

 

この本は、初心者でも最初から英語だけで、英語を学べるようになっています。

 

初版が書かれたのはなんと70年前! 

 

以来、世界中でベストセラー&ロングセラーになっている本です。

 

次の最初のページなんか、超シンプル。

 

 

 

英語のみとは言っても、最初に日本語解説があります。

 

それによると、この本で勉強するには、

 

絵を見て身振り手振りをしながら読むとあります。

 

ですから、4コマ漫画のような感じで、左上から始めて

 

絵の通りに自分を指して I と言い、

 

次に相手を指して YOU と言います。

 

実際に声も出して言うのが重要ということです。

 

相手はいないよ! という方は、

 

鏡に向かってやりましょう。

 

最初は恥ずかしいですが、すぐに慣れてきますよ。

 

人前で話すリハーサルにもなります。

 

鏡を指差して、テレビでよく真似されている? ジャ○ー氏のように、

 

YOU!

 

なんて言ってみると、きっと楽しくなりますよ。

 

 

 

 

このページでは、

 

It is there. ・・・ They are here.

 

と言って、さらに

 

Run ! 

(逃げろ)

 

ワーッ …

 

までやると、バッチリですね 笑

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

絵で見る英語(English Through Pictures)は、アマゾンで入手可能です。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4896842650/ref=cm_cr_ryp_prd_ttl_sol_5

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年沖縄県宜野湾市生まれ フリーランス翻訳者・ライター・英語講師 米軍基地に就職するものの、自由を求めて退職。特許翻訳者となる。 地方に居ながら先端技術の特許を翻訳する一方、趣味のサーフィンのために海外に通う。オアフ島ノースショアで仕事をしながらの長期滞在も経験。特許翻訳歴は13年以上。 現在は「自分が独自開発した学習法を教えることで、英語を武器に自由な人生を送る人を増やしたい」という思いから、特許翻訳者としてだけではなく、英語講師として、英語で仕事ができる人材の育成を行っている。