リスニングが上達しなくて困る―まずはシンプルにたくさん聞こう!

こんにちは。棚原です。

 

今週も気がつけば木曜日。Podcastの配信日になりました。

今日は、英語のリスニングを上達させるにはどうすればいいか、

というテーマで話しています。

 

ぜひ聴いてくださいね↓

https://itun.es/jp/vURqfb.c

あまり難しく考えずシンプルに、

たくさん聞こうとお勧めしています。

 

TOEICなどのテストでは、リスニング苦手だと大変ですよね。

スコアに大きく響いちゃいます。

また、会話でネイティブの言うことを聞き取れたり

映画などを観てて、英語を聞き取れたりすると

きっと楽しいだろうなー、と思う方は多いでしょう。

 

しかし難しいですよねリスニングって。

けっこう英語しゃべれる人でも、映画を観ると半分も分からない

という話も聞きます。

 

私なんかも、今でも映画やドラマは、6~7割ぐらいしか聞き取れません。

どんなに良くても8割かな。その程度です。

音は聞き取れたとしても、知らない会話表現だと意味が入ってこないんですね。

 

 

ネイティブでもぶっちゃけ、100%は分からないそうですよ。

 

だからとにかく、完璧を目指すのはやめましょう。

完璧主義は敵です。自己嫌悪になったり、あきらめちゃう原因。笑

 

英語は音がつながって、違う音になったりするからやっかいです。

日本語にはないことですから、なおさら難しいですね。

例えば、

Get out of here (出てけ!)

は、

ゲラウラヒア

になっちゃいます。1つの単語みたいに。

ゲット・アウト・オブ・ヒア

じゃないんですね。

 

こういうことを知らないと、いくら集中しても聞き取れません。

ストレスがたまります。

だから最初のうちは、集中せずBGMみたいに流す方がいいです。

勉強しながら、読書しながら、

家事をしながら、通勤中など

何かのついでに聞き流すんです。

集中せずに、しかしなるべく時間は多めに。

 

逆に、超効果的な方法とか、近道はないかと考えると

教材などの宣伝文句に乗せられちゃいますよ。

1日5分でOKとかね。

 

本屋とかネットとかで、

CD付き本とか、DVD教材など・・・

ムダなものをつい買わされちゃうんですよね。

 

私も昔、1年間の通信教材を買っちゃったことがあります。

ヒア◯◯◯マラソン

というやつで、ちゃんとできたのは最初だけ。

後はホコリをかぶってましたよ。。

 

あなたも何か買って続かなくて、失敗したな~

という経験ありませんか?

もしあればコメントくださいね!

 

 

ちなみにPodcastですが、今回から全体にBGMが入って、

私のダメ声にかかわらず爽やかな雰囲気になってます。

何かFMラジオみたい?

 

しかし、嫌いなんだよな、自分の声・・・。

昔からコンプレックスなんです。笑

少しでもいい声だせるよう、頑張ります!

 

 

それでは、ぜひPodcast聞いてね。
https://itun.es/jp/vURqfb.c

 

お読み頂きありがとうございました。

 

メルマガやってます

 

もっとディープな英語の話題や、私の提案する勉強法(VSAメソッド)などをお伝えしてます。

あとブログとPodcastの更新情報も。ぜひご登録ください。

 

VSAメソッド公式メルマガ

http://tanahara.jp/cyfons/formadd/?group_id=1

 

電子書籍 好評発売中

 

日本にいながら留学効果が得られる7つのステップ

– Virtual Study Abroad (VSA) Method –

cover_small2

 

Amazonリンク: https://www.amazon.co.jp/dp/B01LZ0CX0T

 

Facebook個人ページはこちら:https://www.facebook.com/makoto.tanahara.5

 

友達申請してくださいね。

 

こちらも応援よろしくお願いします

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年沖縄県宜野湾市生まれ フリーランス翻訳者・ライター・英語講師 米軍基地に就職するものの、自由を求めて退職。特許翻訳者となる。 地方に居ながら先端技術の特許を翻訳する一方、趣味のサーフィンのために海外に通う。オアフ島ノースショアで仕事をしながらの長期滞在も経験。特許翻訳歴は13年以上。 現在は「自分が独自開発した学習法を教えることで、英語を武器に自由な人生を送る人を増やしたい」という思いから、特許翻訳者としてだけではなく、英語講師として、英語で仕事ができる人材の育成を行っている。