不満を止めたら奇跡が起こる?―スピリチュアルな英語

おはようございます。

 

皆さんは、ディーパック・チョプラ氏を知っていますか?

インド系のアメリカ人で、

代替医療や瞑想などのスピリチュアルなことをいろいろ教えています。

日本ではあまり知られてませんが、世界的に有名な方です。

 

このチョプラ氏が、こういうことを言っています。

 

Every decision you make is a choice between grievance and miracle.

あなたが行う決断の1つ1つは、不満と奇跡のどちらかを選ぶことである。

 

(grievance = 不平、不満という意味)

 

どういうことでしょうか。

 

不満なら誰だって、1つぐらいは持ってますよね。

人にはいろんな不満があります。

家庭の不満、

学校の不満、

仕事の不満

これは環境の不満と呼ぶべきかな。

 

そして、

親兄弟などの家族、

友達、恋人への不満

先生、上司や同僚、部下などへの不満

これは人間関係の不満でしょう。

 

何でこんなことするの

何でそんなこと言うの

何でこうしてくれないの

何で分かってくれないの

 

挙げていけばキリがありませんね。

世の中、不満だらけ。

 

一方で、奇跡はどうでしょう。

 

お母さん、昨日また学校で奇跡があったよ

とか

今日は会社で、3回も奇跡があったなあ

なんて、

ありませんよね、普通。笑

 

奇跡が起こった!

なんて、どっか遠い世界の話というか

本やテレビ、ネットで見聞きするような

超レアな話ですね。

 

落ちこぼれが超難関大学に受かった

不治の病が治った

宝くじが当たった

そんなイメージでしょう。

 

あのテレビ番組ではないですが、

アンビリーバボー!

なことだと思います。

 

では、このディーパック氏の

 

不満か奇跡の選択

 

という言葉は、一見、意味が分かりませんね。

不満と奇跡のどちらかを選べるなんて、

理不尽な、おかしなことにも聞こえます。

 

不満を持つな!

というのは、どこでもよく聞きますね。

不満を言わずにがんばれ!

なんて、親や先生、上司など、定番のセリフなような。

人によっては、

耳にタコではないでしょうか。

 

そんなこと言われたって、難しいんです。

だって、嫌なことは嫌だし

できないことは、できないし

キツイことは誰だってやりたくない。

 

しかし、もし本当に

不満と奇跡のどっちかを選べますよ、どうしますか?

なんて言われたら、誰でも

奇跡にします!

と言うのではないでしょうか。

 

そんな選択が、あるとすれば。

あり得ないです、って思っちゃいますね。

世の中に不満は有り余ってるのに、

奇跡はめったに起こらないですから。

 

では、彼は何を言わんとしているのでしょうか。

 

不満を止めたら、奇跡が起こるよ

 

ということじゃないでしょうか。

 

不満を止めたら、ミラクルが。

 

そんなことあるの?

まだ信じられないな~。

 

じゃあ俺、

不満を止めたら、ロト6に当たるの?

それなら、やるやる!

 

・・・なんてある訳ないじゃん!

て声が聞こえてきそう。

 

きっとそういうことじゃないですよね。

 

チョプラ氏は、

心の問題のことを言っているのではないでしょうか。

 

例えば、不満を止めると、

私たちが抱えているいろんな問題が、

パーッと解決する!

何もせずに一瞬で。

そのためにやることは、

ただ不満を捨てるだけ!

みたいな。

 

そんなことあったら、確かに

奇跡と言っても過言ではないかも?

 

確かに、不満を持たなければ

自然にハッピーになれますね。

意味もなくハッピーになれたら

不安や恐怖も消えていって

何でもどんどん行動できて

いろんな事が実現するかも

なんて想像したりして。

 

いろんな解釈ができそうなこの言葉

もう一度見てみましょう。

 

Every decision you make is a choice between grievance and miracle.

あなたが行う決断の1つ1つは、不満と奇跡のどちらかを選ぶことである。

 

最後に、英語の覚え方の話。

grievance という難しい単語でも、

こういった興味深い文の中で覚えれば

記憶に残りやすいです。

 

例えば、

grievance 不平、不満

とだけ単語帳に書いて覚えようとしても

すぐに忘れます。

 

何度も、何度も見て、読んで、ようやく覚えても

いつかは忘れてしまう。何のストーリーも印象もないからです。

たとえ例文の中で覚えても、

その例文自体がつまらなければ、結局は忘れちゃいます。

 

せっかく時間をかけて覚えても、忘れるなんて残念ですよね。

しかし、このように興味深い、面白い文脈の中で覚えると

何度か読むだけで、すんなり覚えることができます。

 

覚えたい単語があれば、その単語をググってみて

こんな覚えやすい例文を探すといいですよ。
ちなみにあなたなら、

不満と奇跡、どっちを選びますか?

 

中には、

奇跡なんてウサン臭いからいらない。一生不満のままでいい!

なんて方もいるかも? 個人の自由ですね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

メルマガやってます

 

ブログ・Podcastの更新情報や、もっとディープな英語の話題

私の提案する勉強法(VSAメソッド)などをお伝えしてます。ぜひご登録ください。

 

VSAメソッド公式メルマガ

http://tanahara.jp/cyfons/formadd/?group_id=1

 

Podcastはこちら

日本にいながら留学効果が得られる英語学習法

https://itun.es/jp/vURqfb.c

 

 

型破りな英語の勉強法、VSAメソッドについて

詳しく知りたい方は、電子書籍を読んでね↓

 

日本にいながら留学効果が得られる7つのステップ

– Virtual Study Abroad (VSA) Method –

cover_small2

Amazonリンク: https://www.amazon.co.jp/dp/B01LZ0CX0T

 

 

 

Facebook個人ページはこちら:https://www.facebook.com/makoto.tanahara.5

 

お気軽に友達申請してくださいね。

 

こちらも応援よろしくお願いします

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年沖縄県宜野湾市生まれ フリーランス翻訳者・ライター・英語講師 米軍基地に就職するものの、自由を求めて退職。特許翻訳者となる。 地方に居ながら先端技術の特許を翻訳する一方、趣味のサーフィンのために海外に通う。オアフ島ノースショアで仕事をしながらの長期滞在も経験。特許翻訳歴は13年以上。 現在は「自分が独自開発した学習法を教えることで、英語を武器に自由な人生を送る人を増やしたい」という思いから、特許翻訳者としてだけではなく、英語講師として、英語で仕事ができる人材の育成を行っている。